「第59回技能五輪全国大会」が2021年12月に東京ビッグサイトを中心とした14会場で開催され、
全国から42職種に1,028人の選手が参加しました。作品を中心に技能五輪全国大会の様子を紹介します。

※競技課題の内容・競技運営・採点等の関係上、掲載できない職種や一部の課題作品を掲載している職種等、掲載内容は異なります。
詳細は以下の通りです。
また、競技課題の詳細をご覧になる場合は、以下のホームページをご参照ください。

  1. 競技課題の内容、競技運営や採点時間や方法等の関係上、掲載していない職種、一部の課題しか掲載していない職種もあります。
  2. 選手が大会で作成した作品、または、来場者用に作成した作品(展示品)など、職種により掲載している作品が異なります。
  3. 当日、一部の寸法を発表している職種や課題の仕様を一部変更している職種の展示品は、寸法や仕様が異なる作品となっております。
  4. 理容、美容、西洋料理、フラワー装飾などの職種は、競技課題の性格上、選手により見栄えが大きく異なりますので複数選手の作品を掲載しております。

【職種の競技課題・課題概要】

中央職業能力開発協会のホームページに掲載されております。メカトロニクス職種、機械製図職種、電子機器組立て職種など当日発表の課題は、概要が掲載されております。
https://www.javada.or.jp/jigyou/gino/zenkoku/n_59/kadai/59_kadai_ichiran.html