技能検定とは、働くうえで身につける、または必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度です。その試験に合格すると合格証書が交付され、「技能士」と名乗ることができます。

動画を見たい方はこちら!

技能検定制度とは

技能検定とは、働くうえで身につける、または必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度で、機械加工、建築大工やファイナンシャル・プランニングなど全部で130職種の試験があります。

もっと見る!

技能検定制度とは

技能検定とは、働くうえで身につける、または必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度で、機械加工、建築大工やファイナンシャル・プランニングなど全部で130職種の試験があります。

試験に合格すると合格証書が交付され、「技能士」を名乗ることができます。

令和2年度は、約72万人がチャレンジし、約30万人が合格しました。
昭和34年度の制度開始から延べ約764万人が技能士となっています。

技能検定の職種

技能検定職種は、130もの職種があります。
キミのやりたい仕事が、見つかるかも!
技能士の職種一覧 を見てみよう。

もっと見る!

技能検定の職種

技能検定職種は、130もの職種があります。
キミのやりたい仕事が、見つかるかも!
技能士の職種一覧 を見てみよう。

技能士の職種一覧

  • 建設関係(32職種)
  • 窯業・土石関係(1職種)
  • 金属加⼯関係(19職種)
  • ⼀般機械器具関係(12職種)
  • 電気・精密機械器具関係(8職種)
  • 食料品関係(7職種)
  • 衣服・繊維製品関係(8職種)
  • 木材・木製品・紙加工品関係(6職種)
  • プラスチック製品関係(2職種)
  • 貴金属・装身具関係(2職種)
  • 印刷製本関係(3職種)
  • その他(30職種)

具体的な130の職種については、「技のとびら」をご覧ください。

等級区分、試験の内容

技能検定試験は、現在、特級、一級、二級、三級に区分するもの、単⼀等級として等級を区分しないものがあります。

もっと見る!

等級区分、試験の内容

技能検定試験は、現在、特級、一級、二級、三級に区分するもの、単⼀等級として等級を区分しないものがあります。

それぞれの試験の程度は次のとおりです。

技能士特級:
管理者または監督者が通常有すべき技能の程度
一級及び単⼀等級:
上級技能者が通常有すべき技能の程度
二級:
中級技能者が通常有すべき技能の程度
三級:
初級技能者が通常有すべき技能の程度

また、検定職種ごとに実技試験と学科試験が⾏われます。試験は、国が定めた基準に基づいて実施されます。

技能検定受検資格・メリット

技能検定の受検には、検定を受ける職種に関する実務経験が必要です。

もっと見る!

技能検定の職種

技能検定の受検には、検定を受ける職種に関する実務経験が必要です。

技能検定受検資格・メリット

  1. 技能士は技能を有する確かな証明になるため、就職活動やキャリアアップにも有利に働きます。
  2. 技能士は日本を支えてきた技を継承するためにも、地元企業への就職の大きな要と言えます。
  3. 職種により他の資格試験等の際に受験免除、受験資格の付与等の特典があります。