文字サイズ

2021年3月30日厚生労働省より令和2年度「グッドスキルマーク」認定製品が 発表されました

  1. HOME
  2. 2021年のお知らせ
  3. 厚生労働省より令和2年度「グッドスキルマーク」認定製品が 発表されました

厚生労働省より令和2年度「グッドスキルマーク」認定製品が発表されました

~技能を駆使した付加価値の高い製品等※1113件を認定~


 厚生労働省は、このたび、令和2年度の「グッドスキルマーク」として113件の製品等※1を認定しました。この認定により、これらの製品等に「グッドスキルマーク」のロゴ表示が認められるとともに、これらの製品等の製作に携わる一級技能士など205人に「グッドスキルマーク認定証」が交付※2されます。
 グッドスキルマークとは、一級技能士等※3がその技能を駆使した付加価値の高い製品等であることを示すためのマークです。平成29年度から実施しているこの制度は※4、直接、国内外の消費者に対してアピールし、ものづくり日本の再興と熟練技能の継承を図ることを目的としたもので、申請された製品等について、外部有識者等の委員によって構成されたグッドスキルマーク審査委員会が審査し、認定しています。

 厚生労働省では、グッドスキルマークを通じて、技能検定制度※5の推進を図りながら、技能を活かした製品等の普及を進めていきます。

※1 「製品等」とは、製品、建築物、役務の提供を指します。当初、「製品」と「建築物」を対象にしていましたが、平成30年度からは新たに「サービス等」も対象になりました。「サービス等」 には、調理、レストランサービス、その他の一級技能士等による役務の提供が含まれます。
※2 グッドスキルマーク事務局(中央職業能力開発協会)から交付されます。
※3「一級技能士等」とは、技能検定試験に合格した特級技能士、一級技能士、単一等級の技能士を指します。
※4 過去4回(令和元年度のみ上半期と下半期の2回開催)で158件の製品等を認定しています。グッドスキルマークに認定されると10年間表示が可能です。
※5「技能検定制度」は、働く上で身につけるべき、または必要とされる技能の程度を国として証明するもので、現在、130職種で実施しています。この試験に合格した人だけが「技能士」を名乗ることができます。(厚生労働省ホームページより)

arrow008_06.gif 厚生労働省の報道発表はこちらから

arrow008_06.gif 令和2年度グッドスキルマーク認定製品等一覧はこちらから

グッドスキルマークのページはこちらから

PAGE TOP

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。

アンケートのご協力をお願いします

サイトのご感想をお聞かせください。

サイト運営の参考のためご協力よろしくお願いします。

技能検定制度への理解に

閉じる