機械加工技能士

機械加工技能士

職種内容

機械加工とは、旋盤、フライス盤、ボール盤などの各種工作機械や切削工具を用いて金属材料などを加工することで、切削加工、研削加工等の様々な方法があります。製品の部品等を加工により作成するというまさにものづくりの基本です。近年、プログラミングにより自動的に加工を行う数値制御式の工作機械が現場では主流になっていますが、技能という観点からは、いわゆる手加工による技能の重要性は変わりません。「機械加工職種」は、工作機械による金属等の切削加工、研削加工等を行う仕事を対象としています。

● 冊子「技を磨く。技を広げる。」
機械系職種の試験科目及びその範囲や複数の技能検定を取得した多能工へのインタビューなどがご覧いただけます。
機械系職種編
● 冊子「機械加工業界お仕事ブック」(厚生労働省入職促進プログラム)
専門家による機械加工業の解説や企業を紹介しております。
機械加工業界お仕事ブック
● 冊子「3級技能検定の実技試験課題を用いた人材育成マニュアル」
■ 機械加工(普通旋盤作業)編
■ 機械加工(フライス盤作業)編
■ 機械加工(数値制御旋盤作業)編
arrow008_10.gif 合格者の声 arrow008_05.gif 特級取得 中村 ひろしさん
arrow008_05.gif 普通旋盤作業 2級取得 遠藤 祥平さん
arrow008_05.gif マシニングセンタ作業 2級取得 長澤 康介さん
arrow008_05.gif フライス盤作業 2級取得 松村 大輔さん
arrow008_05.gif 数値制御旋盤作業 1級取得 川村 辰弥さん
arrow008_05.gif 特級取得 新原 築さん